レッドスムージーの飲み方!いつ飲むと効果的に痩せる?

レッドスムージーの効果的な飲み方

  • 毎日レッドスムージーを飲んでいるのに、なかなか痩せない・・・
  • ちゃんと置き換えたのに、ダイエットに失敗してしまった
  • そもそもスムージーってどうやって飲むのが正解なの?

このページでは、そんなレッドスムージーの飲み方に関する疑問を解決していきます。

短期間で痩せる飲み方が知りたい人や、効果的な飲み方や飲むタイミングが知りたい人、また妊婦さんや授乳中のママさんにも役立つ情報が満載ですので、ぜひ参考にしてみてください。


まずはレッドスムージーの基本的な飲み方・作り方

まずは、市販レッドスムージーの一般的な作り方と飲み方について解説していきます。

これからレッドスムージーを飲み始めるという人や、今までの飲み方で合っているのかチェックしたい人は参考にしてみてください。


レッドスムージーの作り方(基本的な水の量)

まずは市販されているレッドスムージーの基本の作り方をマスターしてみましょう。

今回は市販レッドスムージーの中でも大ヒット商品である「マイブレイクレッドスムージー」の作り方をご紹介しましょう。

作り方は、非常に簡単で3ステップのみ。

  1. お好みの飲み物、または水を70mlをグラスに注ぐ
  2. レッドスムージー1包(5g)を入れる
  3. よくかき混ぜる

この3ステップで終りです。

レッドスムージーは1包ずつに個包装されているので、面倒な計量をする手間がかからないので誰でも簡単に作ることができます。


口コミから学ぶ!作り方のポイント

たった3ステップで作れてしまうレッドスムージーですが、ポイントが2つあります。

  1. 水の量
  2. 粉っぽくならない混ぜ方、飲み方

水の量は自分で調節するのが◎

水の量は70mlという記載がありますが、口コミでは70mlは少なすぎる、味が濃すぎるという意見が多く寄せられていたので、自分の好みで量を調節することをおすすめします。

また、水以外にも、炭酸水や牛乳、豆乳、飲むヨーグルトなど自分の好みに合わせた飲み物で割ることで、より美味しく飲むことができます。

カロリーを抑えたい人は炭酸水がおすすめ!

実際にマイブレイクレッドスムージーの炭酸割りを2週間継続して飲んだ人の口コミでは、体重が-4キロも減ったという口コミがありました。

人気の割り方は、口コミ47件を調査した結果によると、牛乳が人気No.1でした。


粉っぽくならない混ぜ方、飲み方

レッドスムージーは粉末になっているので、飲み物と溶かして飲むのですが・・・。

水に溶かしてさっと飲めるように作られているので、すぐに溶けるように工夫されたレッドスムージーが多いものの、粉末が溶けにくく粉っぽい、飲みづらいという意見もあります。

では、粉っぽくならず、美味しくレッドスムージーを飲むにはどのように作ればいいのでしょうか。

その答えは、ずばり飲み物を先にグラスに入れておくことです。

え、本当にそれだけ?

と思う方もいるかもしれませんが、この順番がとても大切になっています。

先に粉末を入れてしまうと、グラスの底の面に水が届きにくいため、粉末が底の面にくっついて溶けにくくなってしまいます。

先に水を入れてから粉末を入れれば、底面にレッドスムージーがくっついてしまうこともありません。

混ぜる水はぬるまお湯だとさらに溶ける時間が短縮しますが、水でも十分に溶けます。

レッドスムージーに限らず、粉末を液体と混ぜるときに、同じことが起きやすいので注意しましょう。

もう1つ、粉っぽくならないレッドスムージーの作り方、飲み方として溶かしてから30秒以上おいておくことがポイントになります。

粉末スムージーは溶かした後に30秒以上そのまま置いておくと、水とレッドスムージーの粉末が混ざり合ってよりおいしく飲むことがでます。

レッドスムージーを混ぜてすぐに飲んでしまうと粉っぽさを感じてしまうことがあるので、よく混ぜて、少し時間を置いてから飲むのがおすすめです。


人気の割り方!ダイエットが続けやすいアレンジレシピ

レッドスムージーは自分の好みの飲み物で割ることができますが、今回はおすすめの割り方、水以外の簡単レシピをいくつかご紹介します。

そろそろ今の飲み方が飽きてきたな・・・という人はぜひ参考にしてみてください。


基本的な割り方、飲み方は1番カロリー制限ができる「水」ですが、腹持ちや味の美味しさぐっとアップさせる割り方がこちら。

おすすめの割り方、飲み方

  • 豆乳
  • 炭酸水
  • 飲むヨーグルト
  • 牛乳、ホットミルク

それぞれの割り方、飲み方をまとめてみます。


飲み方1:炭酸水

毎日レッドスムージーを水で割っていると飽きてしまう、けど摂取カロリーは極力増やしたくないという人におすすめの飲み方なのが、炭酸水。

炭酸水は水よりも満腹感が得られるため、1番低カロリーでありながら満腹感が得られる飲み方です。

また、レッドスムージー自体が甘みがあるので、炭酸水を混ぜることですっきりとした味わいになるので、水で割るのに飽きてしまったというときにおすすめの飲み方となっています。


飲み方2:豆乳

豆乳は、水や炭酸水で割るのが苦手な人におすすめの飲み方。

牛乳や飲むヨーグルトよりも低カロリーなので、美味しさもこだわりたいけど、摂取カロリーは控えたいという人におすすめです。

豆乳には、大豆イソフラボンなどの植物性エストロゲンを豊富に含んでいるため、さらに栄養バランスのとれたレッドスムージーを飲むことができます。

また、豆乳にレッドスムージーを混ぜる飲み方は、とろみが出るため、シェイクのような味わいになります。

味が美味しくなるだけでなく、腹持ち効果も期待できるので、一石二鳥の飲み方となっています。


飲み方3:飲むヨーグルト

飲むヨーグルトの酸味がレッドスムージー甘味と合わさるため、飲みやすいと口コミ評価の高い飲み方です。

程よい甘さが好きという人や、レッドスムージー本来の味が甘すぎるという人におすすめの飲み方。


飲み方4:牛乳・ホットミルク

つづいて、王道の牛乳との飲み方です。

牛乳は手軽に購入することができるので、1番手が出しやすいアレンジレシピ。

口コミでの牛乳割りをしているという声が1番多かったです。

また、冷たい飲み物だとお腹を壊してしまう、冬場に冷たいスムージーは飲みにくいという人にはホットミルクと割る飲み方がおすすめ。

レッドスムージーは温かい飲み物に混ぜても問題ないので、ホットミルクが好きな人はぜひ挑戦してみてください。


基本的な飲み方と飲むときのポイント

先ほどは作り方、飲み方レシピをご紹介しましたが、ここでは基本的なレッドスムージーの飲み方とそのポイントについてみていきましょう。


ポイント1:置き換えるタイミングはいつでもOK

置き換えダイエットであるレッドスムージーですが、置き換えるタイミングはいつでもOKです。

朝食代わりにレッドスムージーを飲む人もいれば、昼食や夕食に置き換える人もいます。 ただ、もっともダイエット効果が得やすいのは、夕食との置き換え

夕食は摂取カロリーが高くなりがちです。

さらに夜の活動量は少なく、寝るだけなのにたくさん食べ過ぎてしまうと太ってしまうでしょう。

そこで夕食をレッドスムージーに置き換えることで、摂取カロリーを抑えてダイエットできます。

レッドスムージーは1包ずつの個包装になっているタイプが多く、溶かす飲み物とグラスがあれば、学校や職場でも手軽に飲むことができます。

個包装になっているとお泊りや旅行などにも手軽に持ち運びできますし、衛生的にも安心ですよね。


ポイント2:ゆっくりと時間をかけて飲もう

レッドスムージーの飲み方としては、一気飲みはしないようにしましょう。

美味しいのでついついごくごく飲んでしまいがちですが、これはNG。

特に冷たい飲み物と混ぜたレッドスムージーは冷えていますので、一気飲みしてしまうとお腹が痛くなったり、下痢になったりすることがあります。

レッドスムージーの正しい飲み方としては、一気に飲み干すのではなく、ゆっくりと時間をかけて飲むようにしましょう。

ゆっくりと味わいながら飲むことで、満腹感が得られやすくなります。


いつ飲むと効果的?痩せる飲み方を解説

せっかくレッドスムージーを飲むなら、しっかりとダイエット効果を実感したいですよね。

では、レッドスムージーはいつ飲む飲み方が効果的なのでしょうか?

ここでは、レッドスムージーの効果的に痩せる飲み方についてご紹介します。


短期間痩せたい人必見!ダイエットに効果的な飲み方

ダイエット目的でレッドスムージーを飲んでいる人は、なるべくはやく結果を出したい、短期間で痩せたいと思っている人も多いはず・・・

ですが、健康的にダイエットを成功させるためには、ある程度の期間(1ヶ月~半年)が必要だと言うことをしっかり認識しておきましょう。

ただ、どうしても短期間(3日間、1週間、2週間など)で痩せたい人のために、レッドスムージーの置き換えダイエットで比較的に結果が出やすい方法をお伝えします。


レッドスムージーの置き換えダイエットは、1日1食を食事と置き換えるのが基本です。

その際に大切なのが、置き換えるタイミング

いつ飲むのが効果的なのか迷っている人は、まず夕食との置き換えがおすすめです。

夜はお風呂に入って、寝るだけになるので、激しい運動などをしない限り、消費カロリーは少ないです。

また、夕食にたくさん食べて摂取カロリーを取りすぎた場合、そのままの状態で寝てしまうと体内には脂肪がどんどん蓄積されてしまいます。

そこで夕食にレッドスムージーを置き換える飲み方にすれば、大幅に摂取カロリーを抑えることができます。

短期間で痩せたい、効果を実感したいという人は、夜(夕食)に置き換える飲み方が効果的です。


食べ過ぎた・・・そんな日の対処方法は?

いざダイエットをはじめようと思っても、付き合いで飲み会や外食が続くことがあるかもしれません。

外食すると高カロリーのものをたくさん食べてしまうため、どうしても摂取カロリーが多くなってしまいます。

食べ過ぎたな・・・と反省した翌日は、朝食をレッドスムージーに置き換える飲み方がおすすめです。

朝食にレッドスムージーを置き換える飲み方をとで、体の調子が整います。

特に朝から腸内の働きが活発になるので、便秘解消にも効果的です。

昼食もしくは夕食の1日1回のレッドスムージーの飲み方をしている人は、それにプラスして朝食の置き換えるのがおすすめ。


便秘が改善され、体がすっきり軽くなるので、健康的にそしてキレイに痩せることができます。

普段朝ごはんを食べないという人も、レッドスムージーの置き換えダイエットを機に健康を意識して、朝食の置き換えを取り入れていくのが効果的でしょう。


失敗しない秘訣とは?置き換えダイエットの注意点

次にレッドスムージーで置き換えダイエットをする際の注意点、失敗しない秘訣をまとめていきます。

レッドスムージーの飲み方の注意点は以下の通りです。


食事を置き換えていても油断しない

レッドスムージーで1食分の置き換えをしているので大丈夫!と安易に考えてしまうと、間食が増えたり、他の食事で高いカロリー摂取になってしまうことがあります。

少しの気のゆるみがあると、せっかく置き換えダイエットをしているのに思うような効果が得られにくくなってしまうので注意しましょう。

せっかくレッドスムージーに置き換えて摂取カロリーを抑えているので、他の食事においても摂取カロリーが多くなりすぎないように、ほんの少しでも意識することをおすすめします。


意外とやりがち!高カロリーの飲み物と割ってしまう

粉末のレッドスムージーの飲み方は、基本的に好きな飲み物と混ぜて飲んでOKです。

例えば、水、炭酸水、牛乳、豆乳、フルーツジュース、飲むヨーグルトなど は口コミでも人気の飲み物です。

ただ、ここで注意したいのが飲み物のカロリー

レッドスムージーをなるべく美味しく飲もうと、色々な飲み物と混ぜているうちに気が付いたら、摂取カロリーが高くなってしまっていた・・・なんてことも。

摂取カロリーが高くなってしまうと、せっかくの置き換えダイエットの効果が半減してしまいます。

割る飲み物の種類によって、置き換えダイエットの効果が低減してしまうので、飲み物の栄養素やカロリーをチェックしてから飲むようにしてみましょう。

レッドスムージーの置き換えダイエットにおすすめの飲み物は、牛乳、豆乳、ヨーグルトです。

これらは飲み物はミネラルや鉄分、大豆イソフラボンなどの栄養素をたっぷりと含んでいながら、カロリーも比較的に低いので置き換えダイエット中におすすめです。


授乳中や妊娠中にレッドスムージーは飲んでいいの?

妊婦さんや授乳中のママさんも、妊娠太りに悩んでいる人や、あまり太りすぎないようにダイエットに興味のある人もいるかと思います。

また、体内に吸収した栄養素が母体の赤ちゃんや、母乳に行くため、自分のお肌や髪、爪のケアができない人や、栄養素を効率よく摂取したいという人も多いはず。

そこで、レッドスムージーは授乳中や妊娠中に飲んでも問題がないのか、母体には影響はないのかなど、妊婦さんや授乳中のママさんがレッドスムージーを飲んでも危険性はないのかしっかりお伝えしていきたいと思います。



飲んでも問題はない?商品の配合成分や安全性について

まず結論からお話すると、レッドスムージーは妊娠中や授乳中の女性でも問題なく飲むことができます。

ママさんが気になる「カフェイ」も含まれていないので安心です。

レッドスムージーの中では、日本ダイエット健康協会が推奨しているマイブレイクレッドスムージーがおすすめです。

マイブレイクは、ダイエット中に不足しがちな栄養素がバランスよく配合されているので、妊婦さんや授乳中のママにぴったり。

また、つわりで栄養が偏りがちな妊婦さんにもおすすめです。

妊娠中や授乳中やは、栄養が赤ちゃんや母乳に摂られてしまい、自分の肌や紙、爪がボロボロになってしまいますよね。

レッドスムージーは、そんな時の栄養補給としてもサポートしてくれます。


妊婦さんや授乳中・産後のママが気を付ける3つのポイント

妊婦さんや授乳中のママさん、そして赤ちゃんにも安心して栄養が届くように、最後にレッドスムージーを飲む際のポイントを3つご紹介します。

  • 一気に飲まない
  • できれば温めて飲む
  • 安全なレッドスムージーを選ぶ

それでは、一つずつ解説していきます。


一気に飲まない

これは、妊婦さんや授乳中のママさんだけに限りませんが、レッドスムージーを一気に飲んでしまうと、体を冷やしてしまい、下痢や腹痛を引き起こす要因につながるケースがあります。

おすすめの飲み方は、時間をかけてゆっくりと飲むこと。

ゆっくり飲むことで、レッドスムージーで体が冷えてしまう心配もありません。

また、レッドスムージーに配合されている食物繊維が、お腹の中でゆっくり膨らんでいくため、腹持ちも良くなります。


できれば温めて飲む

妊婦さんや授乳ママさんにとって、冷えは禁物。

そこでおすすめなのが、レッドスムージーを温める飲み方です。

ミルクや豆乳とレッドスムージーを割って温めて飲めば、体が温まり妊婦さんやママの体が冷えてしまう心配がありません。


日本ダイエット協会認定マイブレイクレッドスムージーがおすすめ

先ほど、ご紹介した日本ダイエット健康協会公認のマイブレイクレッドスムージーは信頼できる商品の1つ。

個包装になっているので、衛生的にも安心でき、洗い物をする手間もカット、そして持ち運びにも便利なため、多くの人から愛されているレッドスムージーです。

また、品質管理も徹底されており、国が認めたGMP認定工場にて、原料の受け入れ~出荷までを一定の品質を保って管理しています。

1杯あたり19.8kcalととても低カロリーなマイブレイクレッドスムージーですが、栄養素はビタミン、ミネラル、230種類の酵素、150億個の乳酸菌と種類豊富に配合されています。

味は、ベリー系の味かと思いきや、口コミで大好評のバナナヨーグルト味。

牛乳や豆乳、飲むヨーグルトとの相性が抜群に良く、味の美味しさでも人気のレッドスムージーです。

そして、コスパも1杯あたり約33円と安く、経済的な負担が少ない点も嬉しいです。(定期で購入した場合)

定期コース初回価格が980円、2回目以降も通常価格より2,000円もお得な4,980円で購入できます。

もし、初回だけお試ししたいという場合も、初月で辞めることもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

また、当サイトではレッドスムージーを飲むとどんな効果が期待できるのか、配合成分の詳細や置き換えダイエットに効果的な理由も解説していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


置き換えダイエットスムージーの効果




Top